感染予防面会制限

お知らせ(開始)

お知らせ

新型コロナ感染症について

新型コロナ感染症について

お知らせ:ご寄贈いただきました

ご寄贈いただきました

健康診断再開のお知らせ

健康診断6月1日より
再開のお知らせ
胃カメラ健診再開
健康診断:新型コロナウイルス抗体検査をはじめました

お知らせ(終わり)

挨拶・紹介等

病院紹介
病院長挨拶
二次救急指定病院

お願い

ご予約変更の方へ

ご予約の変更お問い合わせは、14時~16時の間にお願いいたします。

健康診断に関するお問い合わせ

健康診断に関するお問い合わせは、06-6599-0271までお願いいたします。

開閉(開閉終了まで有効)

基本メニュー

ボランティア募集

基本メニュー2

健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先

一般向け(モバイルオンリー)

医療関係者向け(モバイルオンリー)

モバイル非表示

診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
契約公開
情報公開
病院広報誌
個人情報保護方針
院内感染防止対策のための指針
医療安全管理指針

開閉終了

病院長挨拶



JCHO大阪みなと中央病院長 細川 亙

細川 亙院長

この度、メディカルノートの医療アドバイザーに就任致しました。https://medicalnote.co.jp/about.html
メディカルノートとは医師と患者をつなぐことをミッションとし、正しい医療情報を発信する活動をしている企業です。自分や身内が病気になればまずメディカルノートなどの医療検索サイトで調べるというのが現代社会のルーティーンになりつつあります。メディカルノートの医療検索サイトには月間2000万ユーザーが訪れ、医療情報を集めようとしています。メディカルノートの医療アドバイザーの仕事のうちで一番重要なものは、発信する医療情報に客観性を与えることです。
内科医である特別顧問の髙久史麿氏(日本医学会前会長)のもと、現在のアドバイザーは、がん治療領域からは垣添忠生氏(国立がんセンター名誉総長)、小児科領域からは五十嵐隆氏(国立成育医療研究センター理事長)、神経科領域からは糸山泰人氏(国立精神・神経医療研究センター元院長)、 外科領域からは平田公一氏(札幌医科大学附属病院元病院長)、 経営管理領域からは堺常雄氏(日本病院共済会代表取締役、日本病院会名誉会長)や羽鳥裕氏(日本医師会常任理事)などが名を連ねておられ、日本の医療界の頂点の方々です。今回非才ながら私も加わって計10名体制のアドバイザリーボードとなりました。形成外科領域と美容医療領域情報の客観化が私の主な役目と考えておりますが、この領域に限らず医療全般において、正しい情報が一般の方々に伝わるようにこのアドバイザーの役割を果たしていきたいと思っております。また、大阪みなと中央病院長としても益々港区、大阪市、大阪府にとどまらず日本全体の医療に貢献していきたいと存じます。

なお、ドクターズマガジン2020年5月号に特集されました。
https://www.doctor-agent.com/service/doctors-magazine/back-number/2020/No05
https://minato.jcho.go.jp/wp-content/uploads/2020/06/2020.05-hosokawako-syouzou.pdf


JCHO大阪みなと中央病院長 細川 亙

PageTop