お知らせ(開始)

お知らせ

お知らせ:麻しん(はしか)に注意

麻しん(はしか)に注意!

お知らせ:口腔外科はじめます

口腔外科はじめます 美容医療センターはじめます

お知らせ(終わり)

挨拶・紹介等

病院紹介
病院長挨拶
二次救急指定病院

開閉(開閉終了まで有効)

開閉終了

平成27年度 大阪みなと中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 23 36 56 85 218 310 838 1151 868 184

60歳以上の患者さんの割合が全体の81%、70歳以上の患者さんの割合が59%であり、入院患者さんの半数以上が70歳以上の高齢者となっています。今後さらなる高齢化が予想される中、治療を経過し病状が安定した患者さんに対して在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う、地域包括ケア病棟を昨年より開設し運用しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード


循環器内科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 4.60 3.07 0.00 69.30
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 56 6.16 4.87 1.79 70.04
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 22.05 18.30 6.98 84.70

循環器内科は冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)・不整脈・心筋症・弁膜症・心不全など、心臓疾患の患者さんを主な対象としています。疾患別の入院患者数の割合では、狭心症で入院される患者さんと高齢者による心不全治療が多くなっております。心筋梗塞などの急性冠症候群に対しては緊急カテーテル検査・治療を行っております。




消化器内科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 313 1.14 2.93 0.00 67.01
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 161 1.07 7.01 0.00 66.98
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 38 3.08 2.76 0.00 67.11

消化器内科は胃潰瘍・胃がん・大腸がんなどの胃腸疾患、肝炎・肝硬変・肝がんなどの肝疾患、胆石・胆嚢炎・胆嚢がん・膵炎・膵がんなどの膵胆道系疾患の診断・治療をおこなっております。疾患別の入院患者数の割合では、内視鏡検査を伴う入院がほとんどであり、消化器内視鏡センターが中心となって診断治療をおこなっております。




腎臓内科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 37 18.16 12.60 2.70 74.46
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 17.07 13.64 6.67 81.47
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - - -

腎臓内科は慢性腎臓病・急性腎障害・高血圧症・電解質異常症などを専門に診断・治療を行っております。疾患別の入院患者数の割合では、腎炎・腎不全での入院が多くなっております。透析入院による透析の他、外来透析も実施しており、急性腎不全など緊急透析を要する病態にも対応しております。※他の診療科での手術や肺炎による入院で人工透析をおこなっている患者さんの数はこの表には含まれておりません。




呼吸器内科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 180 21.33 14.34 7.78 78.49
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 29.74 21.69 12.82 84.51
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし - - - -

呼吸器内科は慢性気管支炎・喘息・肺疾患などを専門に診断・治療をおこなっております。疾患別の入院患者数の割合では、高齢者の肺炎による入院が多くなっております。高齢者では死因の第1位は呼吸器感染症です。肺炎・気管支炎に対する迅速・適切な診断と治療に努めています。。




外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 38 3.03 4.53 0.00 68.63
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 34 1.00 2.93 0.00 69.00
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 2.32 7.01 0.00 72.11

外科は消化器外科を中心に診断・治療をおこなっております。疾患別の入院患者数の割合では大腸がんの患者さんが多く、次が大腸良性疾患の患者さんとなっております。化学療法による癌治療など、手術を伴わない消化器疾患による入院が多くを占めております。




整形外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 40 17.58 18.44 1.00 72.88
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 39 37.46 28.70 4.00 84.46
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 27 31.52 27.21 0.00 76.74

整形外科は、整形外科2次救急病院(入院、手術に対応可能で、大阪府から指定されている病院)であり、外傷・骨折に対して、常に受け入れ可能な体制を整え診療にあたっています。疾患別の入院患者数の割合では脊柱管狭窄症が一番多く、次に股関節大腿骨折・人工骨頭挿入術をおこなった患者さん、3番目に多い疾患として膝関節症の患者さんとなっております。2011年7月導入された膝関節・股関節の関節痛(変形関節症、関節リウマチ)に対する人工関節置換術の際に正確な骨切り、設置に最適なナビゲーションシステムを運用し、実績をあげています。




形成外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 42 3.45 3.46 0.00 70.21
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 15 6.87 4.38 0.00 58.13
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2なし 10 22.60 27.84 0.00 66.40

形成外科は主に顔面や体の表面に生じた、病気や外傷による変形や組織損傷を治療する外科です。疾患別の入院患者数の割合では下肢静脈瘤による入院患者さんが多く、次いでほくろ・粉瘤・脂肪腫など、皮膚皮下腫瘍の手術治療、3番目に多い疾患として糖尿病性壊疽・虚血性壊疽などの難治性創傷であり、必要に応じて他科との連携を行い治療をおこなっております。2012年1月より「下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術」の実施基準による認定施設となり隔週木曜日に下肢静脈瘤専門外来(予約制)を行っています。




泌尿器科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 28 8.89 7.59 0.00 75.46
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - - -
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし - - - -

泌尿器科は腎・尿管・膀胱・尿道・前立腺・精巣の腫瘍、尿路結石や排尿障害、感染症に対して診療・治療をおこなっております。疾患別の入院患者数の割合では膀胱がんの患者さんが多くを占めております。




眼科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 30 9.37 7.99 0.00 69.90
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 24 7.00 9.57 0.00 72.21
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし 片眼 15 7.87 8.62 0.00 65.47





耳鼻咽喉科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 97 7.38 5.18 0.00 65.51
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 61 7.13 7.76 0.00 60.30
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 12 8.25 8.20 0.00 20.75

耳鼻咽喉科は人間の五感の視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚のうち3つの感覚器(聴覚・味覚・嗅覚)の疾患に対して診断・治療をおこなっております。疾患別の入院患者数の割合では、鼻涙管閉塞による慢性涙嚢炎(泣いてもいないし眼の痛みもないのに常に涙が出て止まらない)の患者さんが最も多く、そのような患者さんに対して鼻内から行う手術(涙嚢鼻腔吻合術)に力を入れております。次いで多いのが慢性副鼻腔炎の患者さんで、基本的に内視鏡を使用した手術(内視鏡下鼻内手術)を施行しております。3番目に多いのが扁桃・アデノイドの慢性疾患の患者さんとなっております。慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎・外リンパ瘻といった疾患、耳下腺腫瘍・顎下腺腫瘍・甲状腺腫瘍などといった良性腫瘍の手術も可能です。安全で可能な限りの短期入院にて治療を目指しています。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - 16 20 - 1 6.7
大腸癌 14 15 17 36 176 38 1 6.7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - 13 1 6.7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

患者数としては、大腸がんが最も多く、次いで胃がんとなっています。乳がんと肺がんが少ない理由は常勤専門医が当院にいないことが理由の1つと思われます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード







患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 30 10.60 54.10
重症度 1 92 25.29 83.88
重症度 2 15 47.6 81
重症度 3 10 29.60 80.30
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

患者数では重症度0と重症度1という、初期~中間程度の重症度の患者さんが75%以上を占めています。高齢化すると重症化し入院期間も長くなる傾向が見られます。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード







ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード


循環器内科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 58 2.40 6.43 1.72 70.55
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 10 0.00 20.30 20.00 69.70
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -





消化器内科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 91 0.87 1.24 0 68.05
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 35 0.77 1.37 0 67.40
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 15 2.27 23.60 6.67 77.07





外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 1.14 4.24 0 65.33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 1.35 7.40 0 62.55
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 16 5.69 12.88 0 73.25





整形外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 43 3.18 25.33 0 72.72
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 38 2.74 17.68 2.63 72.97
K0461 骨折観血的手術 29 3.52 35.77 14.86 83.15





形成外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 42 1.00 1.29 0 69.88
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 10 1.80 16.80 10.00 60.60
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 10 1.10 10.20 10.00 60.80





泌尿器科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 31 1.61 6.16 0 75.65
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -





眼科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 220 0.20 2.93 0 74.75
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 53 0.15 6.47 0 70.23
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 12 0.25 5.67 0 73.83





耳鼻咽喉科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K204 涙嚢鼻腔吻合術 78 1.96 4.49 0 66.06
K347 鼻中隔矯正術 42 1.76 4.52 0 61.93
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 15 1.00 6.73 0 26.47




その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 13 0.34
異なる 20 0.53
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -


更新履歴
 

 

PageTop