循環器内科

担当医

別府 慎太郎
名誉院長
■経歴
昭和44年大阪大学医学部卒業
■資格
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本超音波医学会指導医・専門医
日本超音波医学会 名誉会員
日本心エコー図学会 名誉会員
Fellow of Japanese College of Cardiology
Fellow of American College of Cardiology
Fellow of American Society of Echocardiography
Honorary Fellow of the American Society of Echocardiography
日本コントラストエコー研究会 代表幹事
大阪大学 名誉教授
加藤 弘康
部長
■経歴
平成3年名古屋大学医学部卒業
■資格
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)認定医
山元 博義
部長
■経歴
平成5年旭川医科大学医学部卒業
■資格
日本内科学会認定医
日本循環器病学会認定医・専門医
日本脈管学会専門医
日本超音波医学会認定超音波専門医
身体障害者福祉法第15条第1項による指定医(心臓機能障害)
國重 めぐみ
医長
■経歴
平成13年滋賀医科大学医学部卒業
■資格
日本内科学会認定医
日本循環器学会循環器専門医
冨田 紀子
医師
■経歴
平成6年香川医科大学医学部卒業
平成10年香川医科大学大学院修了
■資格
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本医師会認定産業医
小杉 元宏
医師
■経歴
平成18年香川大学医学部卒業
■資格
日本内科学会認定医

診療内容(主な専門領域)

狭心症、心筋梗塞、不整脈、弁膜症、心不全などの心臓病、閉塞性動脈硬化症、シャント血管狭窄など
二次救急指定診療科

特 色

各疾患に対し専門医を中心にチームで診断と治療に当たっています。
特に循環器内科では、心血管IVRに堪能な医師が在籍し、心不全をはじめとする各種循環器、虚血性心疾患に対応する体制をとっています。また、心エコーや頚部動脈エコーなど循環器関連の生理検査にも力を入れています。
ただし専門に偏ることのないよう心がけ、幅広い内科疾患について診療ガイドラインを遵守した診療を行ってまいります。
マルチスライスCTの導入により、虚血性心疾患の早期発見が可能となり、早期治療の開始により急性心筋梗塞の発症抑止が期待できるようになりました。

開業医の皆様へのお願い

運営・診療については従来どおり、内科として分けることなく行ってまいります。紹介状は「内科」宛に書いて頂ければ結構ですので、宜しくお願いいたします。

近 況

心血管外来について

対象:冠動脈CT検査対象者を含めた全ての心血管疾患奨励の診療
検査機器:フィリップス社製64列高速マルチスライスCT Brilliance64等 お勧め:本CT検査により、従来なら入院後の心臓カテーテル検査でしか得られなかった画像に匹敵する明瞭な画像が、外来検査で得られるようになり、虚血性 心疾患の早期診断が可能となりました。その他心エコー・ドップラー検査、MRI検査等を用いて正確な診断を行い適切な治療を行います。

不整脈アブレーション治療を開始しました

対象:発作性上室性頻拍症、心房粗動、心房細動

人工透析患者の心臓CTによる早期診断と経皮的冠動脈インターベンション治療及びシャント狭窄の治療

対象:慢性腎不全で人工透析を行っている患者で虚血性心疾患を合併している患者及びシャント狭窄の患者 お勧め:従来より人工透析患者の経皮的冠動脈インターベンションおよびシャント血管拡張術は行っていましたが、最近症例が増加してきたため透析室のスタッフとも協力し積極的に取り組むことになりました。

専門医教育施設認定

常勤専門医5名
日本循環器学会
PageTop