外科・一般外科

担当医

森本 芳和
副院長
■経歴
昭和60年大阪大学医学部卒業
■資格
医学博士(大阪大学)
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
谷口 仁章
部長
■経歴
平成3年滋賀医科大学医学部卒業
■資格
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
三宅 泰裕
部長
■経歴
平成5年大阪大学卒
医学博士(大阪大学)
■資格
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・評議員
日本消化器病学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本消化器がん検診学会認定医
身体障害者福祉法第15条第1項による指定医(ぼうこう直腸機能障害)
山中 千尋
医師
■経歴
平成16年島根大学医学部卒業
平成27年大阪大学大学院修了
■資格
日本外科学会専門医

特 色

専門医修練認定施設
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本大腸肛門病学会、および乳癌学会専門医修練認定施設です。
チーム医療各疾患に対し専門医を中心にチーム医療で診断と治療にあたっています。
お勧めがん治療においては、各疾患がガイドラインに準じて治療方針を決定し、手術以外にも外来化学療法等の薬物療法も行っています。
術後への配慮消化器・乳腺とも鏡視下手術を積極的に取り入れ、術後のQOLや美容面に考慮しています。

診療内容

消化器外科

上部消化管食道癌、胃癌、胃GIST、十二指腸癌、胃十二指腸潰瘍穿孔、腸閉塞など
下部消化管結腸癌、直腸癌、急性虫垂炎、大腸憩室炎の穿孔、痔核、痔瘻、直腸脱など
肝・胆・膵原発性肝癌、転移性肝癌、胆嚢・総胆管結石症、胆嚢ポリープ、胆嚢癌、胆管癌、膵癌など

上部消化管(食道、胃)の手術

食道 食道癌が最も多い疾患で、また食道癌の手術は開胸、開腹を伴う非常に大きな手術を必要としますが、積極的に治療を行っています。
また、病状、病期に応じて、放射線治療や化学療法の併用を行っています。早期食道癌に対しては内視鏡的治療も行っています。
胃の疾患では胃癌が多く、進行癌に対しては拡大手術と化学療法を行っています。一方、早期癌に対しては内視鏡的摘出術、腹腔鏡を用いた縮小手術にも取り組んでいます。また、胃潰瘍穿孔など緊急を要する手術にも対応しています。
胃の病気・胃の疾患について

下部消化管(大腸、直腸)の手術

大腸・直腸 大腸の疾患では大腸癌が多く、進行癌に対しては拡大手術と化学療法を行っています。
早期癌に対しては内視鏡的切除や手術侵襲の少ない腹腔鏡を用いた手術にも取り組んでいます。下部直腸癌に対しては可能なかぎり肛門温存手術を行い、根治性と機能温存を両立させた治療を行っています。
その他急性虫垂炎、腸閉塞や大腸憩室炎の穿孔など緊急を要する手術にも対応しています。
大腸肛門科での取り組み 大腸肛門病についてのQ&A

肝・胆・膵系の手術

肝臓 肝臓の外科的疾患としては肝臓癌が多く、肝臓癌の治療としては手術を積極的に行うと共に、患者さんの病態によっては肝動脈栓塞療法、エタノール注入、ラジオ波焼灼術などより侵襲の少ない治療も行っています。
胆道系疾患胆石症が最も多く、侵襲のすくない腹腔鏡下胆摘術を積極的に行っています。
膵疾患外科的治療の対象となるものでは、膵臓癌が多く、積極的に手術を行うとともに治療成績向上のため併用化学療法を行っています。

その他手術

肛門疾患 内外痔核、痔瘻、裂孔、肛門周囲膿瘍、脱肛、直腸脱、腫瘍など肛門疾患は多様であり、個々の病態の応じた適切な処置、手術を行っています。
痔核の手術に対してはリガシュアーという器具を用いて出血がなく、術後の痛みも少ない工夫をしています。
ヘルニア ヘルニアのうちでは鼠径部ヘルニアが多く、その手術は従来法に加え、メッシュを用いたメッシュプラーグ法など患者さんの状態に応じた適切な手術法を行っています。
外傷 外傷など、緊急的外科治療を要する疾患にも積極的に対応しています。

各々の癌の治療は、日本癌治療学会診療ガイドラインに準拠して行っています。


開業医の皆様へのお願い

インフォームドコンセントの徹底:手術、検査、治療の全てにわたるインフォームドコンセント(説明と同意)の徹底により患者さんご自身の意思が治療に反映するように努めています。
たゆまぬ研鑽:医療の質と専門性の向上のために、学会・研究会に積極的に参加し、常に最新の知識と技術を患者さんに提供できるようにしております。ご紹介のほどよろしくお願いいたします。

勉強会の開催

日時:隔月金曜日、場所:大阪市港区医師会、名称:消化器症例検討会
ぜひ、ご参加よろしくお願いいたします。

外科手術症例

(2017年4月1日~2018年 3月31 日)
臓器手術術式症例数(例)腹腔鏡手術数(例)
悪性腫瘍手術
胃癌遠位胃切除術3
胃全摘術4
その他3
大腸癌半結腸切除術126
S状結腸切除術33
前方切除術55
ハルトマン手術54
その他97
肝癌葉切除0
区域切除2
部分切除61
膵癌膵頭十二指腸切除2
尾側膵切除2
その他1
胆道癌胆管切除0
胆嚢癌手術1
良性疾患手術
胆石症胆嚢摘出術4239
総胆管切石術2
ヘルニア修復術342
肛門疾患根治術10
虫垂虫垂切除術1211
その他338
その他
リザーバー留置19
その他7
21786

・全麻手術症例のうち、腹腔鏡手術の占める割合は、42.4(%)
全身麻酔 209例
腰椎麻酔 30例
局所麻酔 4例



専門医教育施設認定

常勤専門医4名
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器学会
日本大腸・肛門病学会
日本乳がん学会
日本がん治療認定医機構
PageTop