乳腺・甲状腺外科

特 色

専門医修練認定施設 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本大腸肛門病学会、および乳癌学会専門医修練認定施設です。
チーム医療:各疾患に対し専門医を中心にチーム医療で診断と治療にあたっています。
お勧め:がん治療においては、各疾患がガイドラインに準じて治療方針を決定し、手術以外にも外来化学療法等の薬物療法も行っています。
術後への配慮:消化器・乳腺とも鏡視下手術を積極的に取り入れ、術後のQOLや美容面に考慮しています。

診療内容(主な専門領域)

乳腺・甲状腺・内分泌系の手術

乳腺 乳癌学会認定施設であり、乳癌の検査として、超音波(エコー)検査、乳腺レントゲン、CT、MRI、細胞診、針生検などを行っています。
乳癌の治療としては乳房温存手術を積極的に施行し、また最近では内視鏡下手術を併用し、さらなる機能温存を図っています。進行癌に対しては手術と化学療法、および内分泌療法など併用した集学的治療を行っています。
甲状腺 甲状腺の疾患としては、甲状腺癌が最も多く、また、甲状腺機能亢進症バセトー氏病や腎不全、透析患者さんに多い副甲状腺機能亢進症の手術も行っています。
各々の癌の治療は、日本癌治療学会診療ガイドラインに準拠して行っています。


開業医の皆様へのお願い

インフォームドコンセントの徹底:手術、検査、治療の全てにわたるインフォームドコンセント(説明と同意)の徹底により患者さんご自身の意思が治療に反映するように努めています。
たゆまぬ研鑽:医療の質と専門性の向上のために、学会・研究会に積極的に参加し、常に最新の知識と技術を患者さんに提供できるようにしております。ご紹介のほどよろしくお願いいたします。

勉強会の開催

日時:隔月金曜日、場所:大阪市港区医師会、名称:消化器症例検討会
ぜひ、ご参加よろしくお願いいたします。

専門医教育施設認定

常勤専門医4名
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器学会
日本大腸・肛門病学会
日本乳がん学会
日本がん治療認定医機構
PageTop